語源の広場

『英語耳』松澤喜好、『日本語と英語をつなぐ』すずきひろし、『Gogengo!』角掛拓未が送る、英語の語源をさまざまな切り口でお伝えするコンテンツです。

黄金の語根

『黄金の語根』とは

10個の語根 「黄金の語根」は派生語が多い語根のTOP10についてのコラムで始まります。つまり、一つの語源(語根、ラテン語)から沢山の英単語が派生しているラテン語のうちでランキングのTOP10になるものです。 下の表は、TOP10の語根(ラテン語)からそれぞ…

『黄金の語根』第1位 sta, sist「立つ、立てる」(L.stare, sistere)

派生語が多い語根の1位です。 はじめに (155語)語源 sta、sist はラテン語の stare に由来します。stare は英語だと to stand と表現します。つまり stare は日本語では「立つ」を意味します。人が地面に立っている様子や、建物が地面に立っている様子を頭…

『黄金の語根』第2位 fac, fact「する、作る」(L.facere)

(125語) ラテン語 facere に由来します。facere は to make, to do, face を意味します。 それぞれの意味や連想を次に解説します。to make は「つくる」を意味します。物理的に何かをつくることも表現できますし、結果や影響といった抽象的な概念をつくるこ…

『黄金の語根』第3位 cap, capt「つかむ、捕える」(L.capere)

はじめに (123語) 語根 cap は、ラテン語 L.capere に由来します。capere は 英語のcatch「ぐっとつかみ取る」、to grasp「つかみ取る」を意味します。 「つかむ」ことは日常生活で重要なことなので、派生語がたくさんあります。 語源のイメージとしては、つ…

『黄金の語根』第4位 vert, vers「向きを変える、回す」(L.vertere)

(98語) vertの綴りを見たら、まず「向きに関する」とイメージしてください。「回転」をイメージする場合は、上のイラストのように、ある軸を中心に回転することです。接頭辞はその回転する性格を表します。 ad-(に対して)がつくadvertiseは、人々に向いて(…

『黄金の語根』第5位 pli, ply「重ねる、折りたたむ、織る」(L.plicare)

(92語) plyはイラストのように、折る、たたむイメージがあります。コンプレックス(complex)は接頭辞のcom-が「共に、完全に」のイメージがふくらんで「何度も何度も(折って)複雑で微妙な物や状態にする」となります。 complexの反対語がsimpleです。comp…

『黄金の語根』第6位 spect「(しっかり)見る」(L.spectare)

(91語) specは(まじまじと)見ることです。 expectはデートの時に「待ちかねて外を(ex)見る」ことです。期待しますよね。 respectは、素敵な人とすれ違って、「振り返って見る」ことです。尊敬する人がいたら振り返って見るので、尊敬する意味があります。 …

『黄金の語根』第7位 reg「まっすぐにする、導く」(L.regere)

(89語) rect, regの綴りは「原理、ものさし、目盛り」のイメージがあります。語源の名詞は L.regula「基準、原則、ものさし、長い棒」です。動詞は L.regere 「境界を定める、導く、支配する」です。動詞の過去完了形が rectumなので、英語ではrect, regの綴…

『黄金の語根』第8位 cess, ced「行く、譲歩する」(L.cedere)

(88語) cessには、「行く、進む、与える、去る」など、人が歩いたり、気持ちや物を行かせるイメージがあります。 出現頻度: とても高い 日本の中学生や高校一、二年生が学ぶ英単語が多いです。 単語 接頭辞 意味 ◇語源解説 process pro 前に 過程、工程◇L.pr…

『黄金の語根』第9位 pos「置く」(L.ponere)

(86語) poseは「置く」ことです。結婚のプロポーズproposeが鮮明なイメージを持ちやすいです。彼女・彼氏の目の前に(pro-前)に指輪を差し出す (pose 置く)イメージです。 出現頻度: とても高い 日本の中学生や高校一、二年生が学ぶ英単語が多いです。 単語 …

『黄金の語根』第10位 vid「見る」(L.videre)

(82語) 語源は L.videre「見る」です。2000年以上前のローマ時代にタイムスリップして、「ウィデオ」とvideoを発音すると、りっぱに「私は見る」という意味で通じますよ。何故ならば、ラテン語は主語が無くても動詞の格変化で主語が分かるからです。videoは1…

ここからはアルファベット順

ここまでは語根のTOP10でした。つまり、派生単語がとても多い語根のTOP10をその派生単語とともに10ページにわたり紹介しました。 ここからは、語根をアルファベット順にして紹介します。アルファベット順にしておくと探しやすくなります。完成すれば、およそ…

act, age, agi, iga, igi「行動する」(L.agere)

11 act, age, agi, iga, igi (71語) ラテン語L.agere「行う、行動する」が語源です。 action(行動、行為)とagent(エージェント、代理人)は語源が同じL.agereです。原形 L.agereの完了形がegi、過去完了形 actusです。ですのでagentの方が原形をとどめてい…

anima 「命を与える、生き返らせる」 (L.animare)

12 anima (21語) ラテン語L.animare 「命を与える、生き返らせる」 が語源です。またL.animareには「特定の性格dispositionを与える」という意味もあります。 L.amina(名)は「そよ風、息・呼吸、生命力、霊、命のあるもの・生き物」という意味があります。L.…

arm 「①武装する、②腕」 (L.armare, L.armus)

13 arm (24語) armには語源が二つあります。「腕」の意味はラテン語のL.armus(肩)から来ています。肩も含む腕のイメージです。「武器」の意味はラテン語のL.armare「武装する」、L.arma「武器、道具」から来ています。 ローマ時代は絶えず戦闘が行われていた…

audio 「聴く、聞く」 (L.audire)

14 audio (24語) ラテン語L.audire 「聴く」が語源です。 日本語で使われているオーディオはラテン語では、「私は聴く」という文になっています。L.audioは一人称単数形現在形です。ラテン語では動詞の語尾変化でだれが話しているのか分かるため、主語の私が…

bat 「打つ、たたく」 (L.battuere)

15 bat (30語) bat はラテン語L.battuere「打つ、たたく」が語源です。ローマ時代の戦闘では剣や棒でたたくシーンが多く、「たたく」から戦闘(battle)の意味ができました。 野球のバット bat はボールを打つ棒状のものです。 相手を打ち負かそうとするディベ…

cad, cid, cas「落ちる」 (L.cadere)

16 cad, cid, cas (34語)ラテン語L.cadere「落ちる」 が語源です。L.cadereの完了形cecidiが入り、accident, incident, coincidenceなどの単語があります。 「落ちる」ものは、物の場合もありますが、それよりも「ちょうどよい機会・タイミング」などが落…

cise, cide 「切る」 (L.caedere/cecidi)

17 cise, cide 「切る」 (36語) ラテン語L.caedere/cecidi「切る」 「正確な」 precise は端をpre切りciseそろえるので、1ミリも違わずに正確なのです。 decide「決定する」は、de(離して)+cide(切る)に分解できます。どこで切るのかを決定して、切ったので…

capi, chief 「頭」 (L.caput)

18 capi, chief (39語) ラテン語L.caput 「頭」が語源です。キャベツ cabbage も頭の型のイメージです。チーフ chiefはL.caput 「頭」がフランス語に入ったときに綴りが変わり、その綴りが英語に入ってきました。 真っ逆さまに落とす様子を、precipitateと言…

car 「車」 (L.carrus)

19 car (28語) car「車」はラテン語L.carrus(馬車)が語源です。現代ではcarと言えばエンジンが付いている自動車のことですが、ローマ時代はくるまと言えば馬車のことです。 大きな四輪の馬車は、carriageです。現代では汽車の客車→電車の車両のことを言いま…

cert, cern, cret 「ふるいにかける、識別する」 (L.cernere)

20 cert, cern, cret (67語) ラテン語L.cernere(crevi//cretum)「ふるいにかける、見分ける、決定する」が語源です。形容詞はL.certus 決心した、確定された」 ふるいにかけることは、使える土とごみの小石を分けて分離することです。このことから「識別する…

cite, cita 「ゆり動かす、駆り立てる」 (L.ciere, L.ciare)

21 cite, cita (27語) cite はラテン語L.ciere 動かす、揺り動かす、駆り立てる、助けをもとめて呼ぶが語源です。またL.citare「呼ぶ、駆り立てる」も元は一緒で繋がっています。 代表的な単語は excite「興奮させる」です。心を揺り動かして刺激して、内に…

circu, cycl 「回る、円」(L.circus, Gk.kyklos)

22 circu, cycl (38語) circuはラテン語 L.circus「円、円形」、L.circum「(副)周囲に」が語源です。「サイクル、一巡、周期」 cycle の語源はギリシャ語のGk.kyklos(円)までさかのぼります。 出現頻度: とても高い 日本の中学生や高校一、二年生が学ぶ英…

claim 「叫ぶ、呼ぶ」 (L.clamare)

23 claim (21語) claimはラテン語 L.clamare「叫ぶ、呼ぶ」が語源です。大きな声で叫んで、主張するイメージがあります。 出現頻度: とても高い 日本の中学生や高校一、二年生が学ぶ英単語が多いです。 単語 接頭辞 意味 語源解説 claim 要求する、主張する…

clar, clea 「明るくする、明確にする」 (L.clare, L.clarus)

24 clar, clea (24語) clar, cleaはラテン語 L.clare「明るくする、明確にする」が語源です。またL.clarus「明確な、明るい」が関連する形容詞です。 「きれいな」の意味の英単語は clear, clean です。これもL.clareが語源です。 ラテン語には、次のような…

clud, clus, clos, clau 「閉じる、囲う」 (L.claudere)

25 clud, clus, clos, clau (44語) ラテン語 L.claudere「閉じる」が語源です。 「閉じる」の意味の代表的な英単語は close です。これは、L.claudere閉じる→古仏語を経由して綴りが closeとなっています。 L.claudereは接頭辞が付くと -cludereの綴りになり…

clin 「傾ける、(ある方向に)曲げる」 (L.clinare)

26 clin (25語)ラテン語L.clinare 「傾ける、(ある方向に)曲げる」 が語源のようですがローマ時代にすでに廃語になっていたようです。その派生語は以下のようにラテン語で生きていました。L.declinare 「折り曲げる、そっぽを向く」、英語は decline 「断…

col, cult 「耕す」 (L.colere, cultum)

27 col, cult (27語) ラテン語 L.colere「耕す」が語源です。 代表的な単語がculture 「教養、カルチャー、耕作」です。これは、L.colere「耕す」の過去分詞形 L.cultumから来ています。農業 agricultureは agri(農地)+culture「耕作」と分解できます。植民…

cor 「心臓、心」 (L.cor)

28 cor (27語) corはラテン語も同じ綴りの L.cor「心臓、心」が語源です。レコード・記録 recordはre(再び)+cord(心)に思い出すように「記録する」ことです。勇気(courage)は心の(cour)場所(age)つまり心の源です。 単語の学習も楽しみながら心のこもった co…