語源の広場

『英語耳』松澤喜好、『日本語と英語をつなぐ』すずきひろし、『Gogengo!』角掛拓未が送る、英語の語源をさまざまな切り口でお伝えするコンテンツです。

はじめに

ごあいさつ

『語源の広場』へようこそ。

英語の語源を様々な視点で学べるようなコンテンツを用意しました。英語の単語をたくさん覚えるために、何度も来てくださいね。f:id:gogen_wisdom:20170329102709j:plain

『語源の広場』にはたくさん英単語があります。一度読んだ単語を探したいときには、ページの一番下にある、「検索」を使ってください。ブログ全体のページが検索されるので便利です。

コンテンツの構成

黄金の語根

はじめに10個の語根を紹介します。派生した英単語が多い語源を順番に並べました。第1位の語根 stare には155個の英単語が派生しています。第10位の語根 videre でも82個の英単語が派生しています。かなりの数ですよね。

10個の語根に関連付けられる単語を全部足すと1029語、つまりおよそ1,000語を
関連付けたグループとして覚えられます。

これが、語根を活用したときに単語を増やす威力となります。

語根と派生単語を追加作業中です。

 10個の語根の下に、重要な語根とその派生語のページを作成中です。語根はアルファベットの逆順で追加していきます。つまりZ Y W V U T Sの順です。2017年中にC B A(最後)まで行けたらいいなーと思っています。追加する語根は約84個の予定です。ですので、時々いらしてチェックしてくださいね。

黄金の接頭辞

最初に11個の接頭辞のリストを紹介します。実は接頭辞の数はあまりたくさんではないのです。とりあえず、この11個の接頭辞とお友達になっておけば、語源の活用上それほど不自由はしないと思われます。

「黄金の語根」では約1,000単語を取り上げています。接頭辞の視点で整理すると、この1,000単語のうちの583単語が「黄金の接頭辞」でとりあげた11個の接頭辞で関連付けできます。
これって、すごいですよね。

語源の窓

ぜんぶで24の語源に関するコラムがあります。『語源の窓』からは語源の広場が見えます。おいしいコーフィーを飲みながら気軽に読んでください。何度でも来てください。コラムはずっと昔に松澤が書いたものを「語源の広場」のために再編集してあります。 

著者紹介

『語源の広場』は、語源が好きな三名がコラボレートして書いています。おたのしみいただければさいわいです。

松澤喜好

 電気通信大学卒。富士ゼロックスにてソフトウエア開発に従事。米国XEROXと連携したプロジェクトを多数開発。英語の音声認識のための携帯機器を開発。インターネット時代に入ってからは日米連携の重要度がさらに増し、業務の大半で英語を使っていた。2000年からアルクのWEBサイトに「語源辞典」を15年間提供。東洋大学非常勤講師を本業と兼務し延べ1500人の発音を指導。2004年に『英語耳』を出版し社内にても英語教育を兼務。2010年定年退職後はカルチャー・センター、学校等にて英語教育、特に発音教育を続けている。自己のサイトは http://eigo33.com/

 

すずきひろし

 電気通信大学卒。自動車メーカーからキャタピラージャパンに転職し、以来20年以上グローバル製品の開発プロジェクトに従事。在職中から、英単語や英文法・語法をイラストによって明示化する方法を探求し、ブログ「日本語と英語をつなぐ」や電子書籍で公開。2016年『イメージと語源でよくわかる 似ている英単語使い分けBOOK』(共著)の出版を機に退職。現在は教材の執筆をしながら、相模原市に開いた「おとなのための英語塾」と複数のカルチャー・センターで講座を持ち、英語の生涯学習を支援している。著書は他に『イメージでつかむ 似ている英語使い分けBOOK』(共著)。

 

角掛拓未

 自分で考えて自分でつくることが好き。言葉の成り立ちを学ぶことが好き。『アジャイルサムライ』翻訳者。ソフトウェア開発やプロセス改善を主軸に複数の企業に関わる。「英語を語源で学ぶたのしさ」を発信する Gogengo! や『語源の広場』を運営。好きな英単語は company と education。モットーは「生きることは学ぶこと。せっかく学ぶなら、たのしく」。『語源の広場』を開設する思いはこちらの記事にて。自己紹介ページは http://bekkou68.com/ にて。