語源の広場

『英語耳』松澤喜好、『日本語と英語をつなぐ』すずきひろし、『Gogengo!』角掛拓未が送る、英語の語源をさまざまな切り口でお伝えするコンテンツです。

leg, lect 「選ぶ、集める、読む」 (L.legere)

67 leg, lect

f:id:gogen_wisdom:20171021224755j:plain

(68語) ラテン語L.legere「選ぶ、集める、読む」が語源です。

collect(集める)はcol(一緒に)lect(集める)、つまり一か所に集めるイメージ。

election(選挙)は候補者の中から選んで(lect)外に取り出す(e=ex)こと。

intellectual(インテリ)は二者択一(intel=inter)の能力が優れた人。

select(選ぶ)はいくつかの中から分別(sel)して選ぶ(lect)ことです。

neglect(怠る、無視する)は選別を(lect)しない(neg)で、怠るイメージです。

sacrilege(冒涜、神聖をけがすこと)という少し難しい単語も神聖な所(sacri)から神聖な物を集める(lege)つまり「盗む」と分解できるので、「神のぼうとく」としっかりイメージできます。

出現頻度: とても高い

日本の中学生や高校一、二年生が学ぶ英単語が多いです。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 collect  col 共に  集める  集めてまとめる
 collection  col 共に  収集  集めてまとめる
 college  col 共に  大学、カレッジ(大学院のない)、単科大学(米)  集めてまとめる
 elect  e 外に  (投票で)選ぶ、選挙する  選び出す
 election  e 外に  選挙  選び出す



出現頻度: 高い

日本の高校二、三年生が学ぶ英単語が多いです。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 collective  col 共に  集合的  
 electoral  e 外に  選挙人の、有権者の  
 elegant  e 外に  エレガントな、上品な、気品がある  選びぬかれた
 intellectual  intel 間  (形)知的な、(名)インテリ、知識人  正邪善悪を選別する力
 intelligent  intel 間  理性的な、高い知能を持つ ↑& 二者択一能力
 intelligence  intel 間  知性、知能、情報収集  
 lecture    講義、講演  字を拾い集めて読む
 lesson    (読書→)講義、レッスン、授業  lectionより
 select  se 分ける  選ぶ、えり抜く、特選の  選び分ける
 selection  se 分ける  選択、選ぶこと  選び分ける



出現頻度: ふつう

日本の学生が大学受験を目指す頃に学ぶ英単語です。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 collected  col 共に  冷静な、落ち着いた、集め(られ)た  
 collector  col 共に  収集者(家)  
 electorate  e 外に  選挙民、有権者  
 eligible  e 外に 選ばれるに適格の,被選挙資格のある   選び出され得る
 elite  e 外に  エリート、精鋭、選ばれた者  外に選び出された者
 lecturer    講演者、(大学の)講師  
 legend   伝記、伝説, レジェンド, 聖人の伝記  読まれるもの
 legendary    伝説上の、有名な  
 neglect  neg=not  無視する、軽視する、怠る 集めない, とりあげない
 selective  se 分ける  特選の、選択能力がある  選び分ける



出現頻度: 低い

日本の大学生や社会人が必要な時期に習う英単語です。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 collegiate  col 共に  大学の、カレッジの  
 diligent  di 分けて  勤勉な  こつこつ選び分ける
 elector  e 外に  選挙人、有権者  
 elitist  e 外に  エリート主義者  正邪善悪を選別する力
 intellect  intel 間  知性、知的能力  露語 intelligentsia
 intelligentsia    知識階級、インテリ  
 legion    軍隊、無数、レギオン(古代ローマ約5000の兵士)  
 negligence  neg=not  怠慢、不注意  
 negligent  neg=not  (勤務が)怠慢な、不注意な  
 negligible

 neg=not

 取るに足らない、無視してよい

 
 recollection  re 再び  思い出すこと、追憶  再び集める



出現頻度: とても低い

英米の高校生レベルの語彙です。このレベルになると語彙は 15,000 語を超えます。見慣れない複雑な英単語が増えますが、よく見てみると、意外と語源のイメージを応用できます。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 collectable  col 共に  収集できる  
 collectively  col 共に  集合的に、ひとまとめにして  
 collectivism  col 共に  集産主義(権力により集団的に管理する)  
 collectivist  col 共に  集産主義者  
 diligently  di 分けて  勤勉に、こつこつと  
 diligence  di 分けて  勤勉  
 electioneering  e 外に  選挙運動、選挙すること  
 elective  e 外に  選挙による、選挙で選ばれた  
 elegance  e 外に  洗練、上品さ、気品、優雅  
 elegantly  e 外に  優雅に、上品に  
 eligibility  e 外に  適任性、適格、被選挙資格  
 elitism  e 外に  エリート主義、エリート意識  
 ineligible  in=not  選ばれる資格の無い  
 intellectually  intel 間  知的に、頭脳的には  
 intellectualize  intel 間  知的に行う、合理的に行う  
 intelligently  intel 間  聡明に、理知的に  
 intelligible  intel 間  (文章・説明が)わかりやすい、理解できる  
 lectern    (教会の立って読む)聖書台、(聖歌隊の)譜面台  
 lector    (キリスト教)聖句を読む人、(ヨーロッパの)大学講師  
 lection    (聖書などの)朗読(読むこと)  
 legible    (文字が)読みやすい、判読できる  
 illegible  il=not (文字)判読できない、解読できない  
 neglected  neg=not  無視された  
 neglectful  neg=not  怠慢な、不注意な  
 negligently  neg=not  怠慢に、不注意に  
 predilection  pre 先に  ひいき、より好み 先に(好物を)選び出す
 recollect  re 再び  思い出す、回想する  再び集める
 sacrilege  sacri 聖  冒涜、神聖をけがすこと 聖所から(集め)盗む
 sacrilegious  sacri 聖  神を恐れない、聖物を盗む  
 selectively  se 分ける  えり好みで、慎重に選んで  

 selectivity

 se 分ける  選択能力、(無線)感度  

 selector

 se 分ける  選択者、(通信)セレクター、選別器  

 

あわせてどうぞ

日本語と英語をつなぐ