読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語源の広場

『英語耳』松澤喜好、『日本語と英語をつなぐ』すずきひろし、『Gogengo!』角掛拓未が送る、英語の語源をさまざまな切り口でお伝えするコンテンツです。

語源の窓 第13話

プロポーズproposeは彼女の前に愛を置くこと


 前の第12話で宿題にした3つの単語compose(構成する、作曲する)deposit(貯金)propose(求婚する、提案する)に共通するイメージは「置く」というラテン語ponereです。『黄金の語源』の第9位の語源です。

 プロポーズはラテン語でpro-(前に)+ponere(置く)と分解できます。彼女の前に自分の身を差し出す、彼女の前に私の愛を置くというイメージですね。もとのラテン語proponereは(前に置く、見えるところに置く)という意味です。

f:id:gogen_wisdom:20170327023706p:plain

 ponereとposeは異なる語のようですが、ponereの完了形がposui、過去分詞がpositumでpos-のスペルになりますね。でもposeのスペルは仏語のposeが英語の基本動詞putと同じに日常よく使われるので、これがそのまま英語のスペルになったのです。


 proposeは仏語もpropose、composeも仏語はcomposeと書きます。
(仏語を習った方に「原形はposer, proposerと語尾にrが付くじゃないか。」と言われそうですが、日常よく使う1人称と、3人称形はrがとれて英語と同じスペルになります。)


ponereの過去分詞形positumと似た単語がありますね、position((置いた)位置)です。これは英仏ともスペルが同じです。もとはponereから派生したラテン語positio(置くこと)が語源です。


 compose(構成する)は仏語動詞の1と3人称もcomposeです。語源に分解するとcom-(一緒に)+pose(置く)です。楽譜のおたまじゃくしを沢山一緒に譜面に置くことが作曲のイメージですね。もとのラテン語componereは(一緒に集める)と言う意味があります。

deposit(貯金、預ける)はde-(下に、離して)+pose(置く)ことに分解できます。人が持ち物を下に置くというイメージのラテン語deponereから来ています。英語depositはラテン語の過去分詞形depositumから来ています。仏語単語のほうがスペルはすなおにdeposer(下に置く、預ける)です。英語のdepose(免職・追放する)が預けるの意味と異なるのは仏語のdeposseder(免職・追放する)の影響です。

f:id:gogen_wisdom:20170330000636j:plain

 

更に英語と仏語の類似性の点では、出題の3つの単語の名詞形-tionが英仏ともに同じスペルなのです。composition(構成、作曲), deposition(免職、証言), proposition(申し出)というふうに。


『黄金の語源』の第9位がponereです。86単語あります。
ponereから派生した86個の英単語を「置く」というあなた独自のイメージでつなげてみてください。自由にイメージすることも単語に親しみを持つ極意です。


今回はproposeが英仏同じ単語なので、すこし仏語の話もしました。
仏語にも親しみを感じていただければ幸いです。

松澤

 

あわせてどうぞ

Gogengo!