語源の広場

『英語耳』松澤喜好、『日本語と英語をつなぐ』すずきひろし、『Gogengo!』角掛拓未が送る、英語の語源をさまざまな切り口でお伝えするコンテンツです。

audio 「聴く、聞く」 (L.audire)

14 audio

f:id:gogen_wisdom:20171229233354j:plain

(24語) ラテン語L.audire 「聴く」が語源です。
  日本語で使われているオーディオはラテン語では、「私は聴く」という文になっています。L.audioは一人称単数形現在形です。ラテン語では動詞の語尾変化でだれが話しているのか分かるため、主語の私が省略されて、Audio(私は聴く)という立派な文になります。Audio, video. は2つの文で「私は聴く、私は見る」となります。

 L.videoの原形はL.videreです。「黄金の語根」第10位にあります。Audioとvideoを比べると、videoからの方が圧倒的にたくさんの単語が作られています。

「従う」 obeyにもL.audireが入っています。分解すると ob(に)+L.audire(耳をかす)となります。相手の言うことをよく聞いて従うイメージです。

 現代の英語とフランス語のaudioからの派生語はかなり似ています。下のリストには参考にフランス語の綴りを入れました。

出現頻度: とても高い

日本の中学生や高校一、二年生が学ぶ英単語が多いです。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 audience    聴衆、聴取者、視聴者、ファン、オーディエンス  仏語 audience

 

出現頻度: 高い

日本の高校二、三年生が学ぶ英単語が多いです。

該当単語無し

出現頻度: ふつう

日本の学生が大学受験を目指す頃に学ぶ英単語です。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 audio    音声の    
 →L.audio(私は聴く)
 L.audire(聞く) 
 audit    監査、会計検査  仏語 audit
 obey  ob に  従う、服従する ◇ob(に)+L.audire(耳をかす) 仏語 obéir  L.oboedire 耳を傾ける



出現頻度: 低い

日本の大学生や社会人が必要な時期に習う英単語です。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 audible  

 聞こえる、聞き取れる

 仏語 audible
 audition    オーディション  仏語 audition
 auditor    会計検査官、聴衆 ◇仏語 auditeur(聴衆、監査役)  L.auditor(聴衆)
 auditorium    劇場の聴衆席  ◇仏語 auditorium(講堂・ホール)  L.auditorium(劇場の聴衆席)
 obedient  ob に  従順な ◇ob+edi (L.audire)=言うことを+聞く =服従する  L.oboediens 従順な
 disobedience  dis=not  不従順、違反  仏語 désobéissance



出現頻度: とても低い

英米の高校生レベルの語彙です。このレベルになると語彙は 15,000 語を超えます。見慣れない複雑な英単語が増えますが、よく見てみると、意外と語源のイメージを応用できます。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 audiovisual    視聴覚の   ◇仏語 audiovisuel  L.video(見る)
 inaudible  in=not  聞こえない ◇仏語 inaudible(聞き取れない、聞くに堪えない)  
 auditorial    聴覚の、会計検査員の
◇仏語 auditif
 L.auditus
 auditory  

 (生理)聴覚の、聴衆(席) 

 仏語 auditoire 聴衆
 audiometer    (医学)聴力(の検査)機、オーディオメーター  
 audiotape    録音テープ (CD、DVD、スマホ以前の録音媒体)(松澤は長い年月親しんできました)  
 audiophile    オーディオ愛好家  
 obedience  ob に  服従、従順           
◇仏語 obédience
 L.oboedientia 服従
 obediently  ob に  従順に、素直に  
 obeisance  ob に  うやうやしいおじぎ、敬意   仏語 obéissance
 obeisant  ob に  丁寧な、敬意を表する  仏語 obéissant
 disobey  dis=not  に従わない、違反する  仏語 désobéissant
 disobedient  dis=not  不従順な、服従しない  仏語 désobéir