語源の広場

『英語耳』松澤喜好、『日本語と英語をつなぐ』すずきひろし、『Gogengo!』角掛拓未が送る、英語の語源をさまざまな切り口でお伝えするコンテンツです。

cert, cern, cret 「ふるいにかける、識別する」 (L.cernere)

20 cert, cern, cret

f:id:gogen_wisdom:20171202173429j:plain

(67語) ラテン語L.cernere(crevi//cretum)「ふるいにかける、見分ける、決定する」が語源です。形容詞はL.certus 決心した、確定された」

 ふるいにかけることは、使える土とごみの小石を分けて分離することです。このことから「識別する、見分ける、見分けて分離する」という意味と、「確定する」という意味がLcernereに有ります。

 「確かな」 certainはふるいにかけて、ごみを取り除いた「確かな」ものです。

「関係する、影響する、心配させる」concernは、一緒に混ぜてふるいにかけるイメージから「関わる→関心を持つ→心配する」という意味になります。

 シークレット secret は se分離する+cretふるいにかける、つまり選別して離して(隠す)イメージです。

 

出現頻度: とても高い

日本の中学生や高校一、二年生が学ぶ英単語が多いです。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 certain    確かな、確実な  
 certainly    確かに  仏語 certainement 確実に
 concern  con 一緒  懸念する、関係づける
◇ふるいにかけるために混ぜる
 
 crime    罪、犯罪 L.cernere→変化してcri ?
 criminal    犯罪、犯人  
 secret  se 離す  秘密(の)  
 secretary  se 離す  秘書、(=秘密に関係する人)  



出現頻度: 高い

日本の高校二、三年生が学ぶ英単語が多いです。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 concerned  con 一緒  関係ある ◇con+cern(より分ける) → 関心を持つ  
 concert  con 一緒  合奏、協調する  仏語 concert 音楽会



出現頻度: ふつう

日本の学生が大学受験を目指す頃に学ぶ英単語です。

 

単語 接頭辞 意味 語源解説
 certainty    確実な事実、確信  
 certificate    証明書  
 concerning  con 一緒  …に関して  ◇con混ぜて+cern(より分ける) → 関心を持つ  仏語 concerner 関係がある
 decree  de 分離  法令、布告、神意、布告する  
 discreet  dis 離れ  思慮深い、分別のある  discern(できる)
 discrimination  dis 離れ  差別待遇、区別  
 discretion  dis 離れ  分別、思慮、自由裁量  
 secrecy  se 離す  秘密のこと、内緒  
 uncertain  un=not  不確かな  
 uncertainty  un=not  不確実なこと、頼りなさ  



出現頻度: 低い

日本の大学生や社会人が必要な時期に習う英単語です。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 ascertain    確かめる、突き止める  
 certify    証明する、保証する  
 concerted  con 一緒  申し合わせた、協定した  
 incriminate  in 中  …に罪を負わせる 仏語 incriminer 非難する
 discern  dis 離れ  識別する  
 discernible  dis 離れ  識別できる  
 discerning  dis 離れ  識別力のある  
 criminology    犯罪学、刑事学 L.cernere→変化してcri ?
 disconcerting  dis 離れ  不安を感じさせる  
 discretionary  dis 離れ  任意の、自由裁量の  
 discriminate  dis 離れ  区別する  
 discriminatory  dis 離れ  差別的な、区別的な  
 excrete  ex 外に  排泄する、排出する  
 secretariat  se 離す  秘書課

 L.secernere 区別する、離す

 secrete  se 離す  秘密にする、分泌する  
 secretion  se 離す  分泌(物)、分泌作用、隠すこと  
 secretive  se 離す  隠しだてする  



出現頻度: とても低い

英米の高校生レベルの語彙です。このレベルになると語彙は 15,000 語を超えます。見慣れない複雑な英単語が増えますが、よく見てみると、意外と語源のイメージを応用できます。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 ascertainment    見届け、確認  
 certes    (古)確かに  
 certifiable    証明できる  
 certificated    資格のある、免許のある  
 certification    証明、保証  
 certitude    確信、確実性、確かだと思うこと  仏語 certitude 確実性
 concernment  con 一緒  関係、事件、懸念  
 criminally    犯罪的に、法を犯して  
 criminality    犯罪性、有罪  
 criminalize    有罪とする  
 criminologist    犯罪学者  
 discernment  dis 離れ  洞察力、識別  
 disconcert  dis 離れ  …の平静を乱す、うろたえさせる  
 disconcerted  dis 離れ  当惑した、混乱した  
 disconcertingly  dis 離れ  当惑させるように  
 discreetly  dis 離れ  慎重に  
 discrete  dis 離れ  離れた、連続していない  dis+secrete
 discriminating  dis 離れ  区別できる、識別力がある  
 excrescence  ex 外に  こぶ、(外に出ているもの)  
 excreta  ex 外に  pl.排出物、ふん便  
 excretion  ex 外に  pl.分泌物、排出物  
 excrement  ex 外に  ふん便、腸の排せつ物  
 indiscreet  in=not  軽率な  
 indiscretion  in=not  軽率さ、無分別  
 secernent  se 離す  分泌の、分泌(薬)  
 secretively  se 離す  こっそりと、隠して  
 secretiveness  se 離す  隠し立て  
 secretly  se 離す  秘密に、ひそかに  
 uncertainly  un=not  頼りなく、不確実に  
 unconcern  un=not  無関心、心配しないこと  
 unconcerned  un=not  心配しない、関心を持たない