語源の広場

『英語耳』松澤喜好、『日本語と英語をつなぐ』すずきひろし、『Gogengo!』角掛拓未が送る、英語の語源をさまざまな切り口でお伝えするコンテンツです。

sci 「知っている、精通している」L.scire

#110 (23語) 語源はL.scire「知っている、精通している」。

 ナイス niceの語源は実は not + L.scire =「知らない、注意深くない」が語源。18世紀に入り、意味が大きく変わり「いいんじゃないの」「素敵」「親切」というように逆の意味になった不思議な単語です。「科学」 scienceは語源そのままの意味です。

 

出現頻度: とても高い

日本の中学生や高校一、二年生が学ぶ英単語が多いです。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 nice    よい、けっこうな、おいしい◇L.nesciere(not+精通している=知らない) 18世紀以降ナイスの意味になった  
 science    科学、知識、学術 ◇L.scio(=知る) = 知って得たもの  
 scientist    科学者  

 

出現頻度: 高い

日本の高校二、三年生が学ぶ英単語が多いです。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 conscious con=共に, 完全に  意識している、気付いている  
 consciousness  con=共に, 完全に  意識、自意識、知覚  
 scientific    科学の、科学的な  

 



出現頻度: ふつう

日本の学生が大学受験を目指す頃に学ぶ英単語です。

単語 接頭辞 意味 語源解説
conscience con=共に, 完全に 良心、意識  
nicely   よく、うまく、親切に  

 

出現頻度: 低い

日本の大学生や社会人が必要な時期に習う英単語です。

 

単語 接頭辞 意味 語源解説
conscientious con=共に, 完全に 良心的な  

 

 

出現頻度: とても低い

英米の高校生レベルの語彙です。このレベルになると語彙は 15,000 語を超えます。見慣れない複雑な英単語が増えますが、よく見てみると、意外と語源のイメージを応用できます。

単語 接頭辞 意味 語源解説
conscientiously    良心的に  
consciously    故意に、自覚して  
nescient  ne=not  無知の、無学の、(哲)不可知論の  
niceness    几帳面、(判断の)繊細さ  語源の「無知」の意味が逆転
nicety    正確、精密、機微  語源「無知」
omniscience  omni 全  全知、神、博識   全てを知っている
omniscient  omni 全  博識の  
prescience  pre 先に  予知、先見  
prescient  pre 先に  予知する、先見する  前もって知る
prescientific  pre 先に  (近代)科学以前の  
scientifically    科学的に  
sciolist    えせ学者  
sciolism    学問(知識)の生かじり  sciolist+ism
unconscious    意識を失った、無意識の  

あわせてどうぞ