語源の広場

『英語耳』松澤喜好、『日本語と英語をつなぐ』すずきひろし、『Gogengo!』角掛拓未が送る、英語の語源をさまざまな切り口でお伝えするコンテンツです。

mono 「一つの」 (Gk.mono)

82 mono

(23語) ギリシャ語 Gk.mono 「ひとつ」が語源です。

英語の1, 2, 3は one two three
仏語の1, 2, 3は un, deux, trois
ラテン語の 1, 2, 3 は:unus, duo, tres
ギリシャ語の 1, 2, 3 は:mono, di, tri(treis)

なので、monoは「一つ」の意味です。英語ではマイナーな語ですが知っていると役立ちます。

出現頻度: とても高い

日本の中学生や高校一、二年生が学ぶ英単語が多いです。

該当単語なし

出現頻度: 高い

日本の高校二、三年生が学ぶ英単語が多いです。
該当単語なし

出現頻度: ふつう

日本の学生が大学受験を目指す頃に学ぶ英単語です。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 monk    修道僧 (もともとは一人で隠遁して修行する僧)  
 monopoly    独占  ◇Gk.mono(一人で)+poleein(売る)  Gk語源のL.monopolium 独占権



出現頻度: 低い

日本の大学生や社会人が必要な時期に習う英単語です。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 monastery    修道院 ◇Gk.monazein(ひとりでいる) →隠遁者→修道院  
 mono    モノラル(ステレオに対する)  
 monologue    独白 ◇ひとり + Gk.logos(スピーチ speech) (ハムレットの第3独白monologueは、To be or not to be)  
 monopolize    独占する  
 monotonous    (音、声が)単調な  



出現頻度: とても低い

英米の高校生レベルの語彙です。このレベルになると語彙は 15,000 語を超えます。見慣れない複雑な英単語が増えますが、よく見てみると、意外と語源のイメージを応用できます。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 monastic    修道院の、修道僧の  
 monaural [mɑnɔ́:rəl]    (録音などが)モノラルの  
 monochrome    単色画(法)、白黒写真  L.monochromatos (Gk語源)単色の
 monocle    片眼鏡  
 monogamy    一夫一婦制 ◇gamy(結婚)  Gk語源 L.monogamia 一夫一婦制
 monoganous    一夫一婦制の  
 monogram    モノグラム(装飾用組み合わせ頭文字) ◇Gk.mono+gramma(文字)  
 monograph    専攻論文 ◇Gk.mono+graphein(write書く)  
 monolingual    一言語だけを話す(人)  
 monolith    一枚石 ◇lithos(stone) 映画「2001年宇宙の旅」に巨大なmonolith モノリス・一枚岩が登場  Gk語源の L.monolithus 一本石の
 monolithic    1個の石でできた、一枚岩的な  
 monomania    偏執狂 (一つに異常に熱中すること)  
 monorail    モノレール ◇ひとつのrail  
 monosyllabic    単音節(語)の  L.monosyllabus (Gk語源)単音節の
 monotone    単調な話し方、単調な音・歌  
 monotony    単調さ ◇mono+tone = 一つの音