語源の広場

『英語耳』松澤喜好、『日本語と英語をつなぐ』すずきひろし、『Gogengo!』角掛拓未が送る、英語の語源をさまざまな切り口でお伝えするコンテンツです。

clar, clea 「明るくする、明確にする」 (L.clare, L.clarus)

24 clar, clea

f:id:gogen_wisdom:20171202180422j:plain

(24語) 

 clar, cleaはラテン語 L.clare「明るくする、明確にする」が語源です。またL.clarus「明確な、明るい」が関連する形容詞です。

「きれいな」の意味の英単語は clear, clean です。これもL.clareが語源です。

ラテン語には、次のような派生語があります。
L.acclare     明確にする、明示する
L.declare     明らかにする、宣告する
後期L.inclarus  はっきりしない、あいまいな
L.praeclarus   とても明るい、すぐれた、有名な

出現頻度: とても高い

日本の中学生や高校一、二年生が学ぶ英単語が多いです。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 clean    きれいな、清潔な、クリーン  
 clear    澄んだ、明るい、透明な、クリアー  
 declare  de 強意  宣言する  L.declare 明らかにする、宣言する

f:id:gogen_wisdom:20171202180551j:plain

f:id:gogen_wisdom:20171202180732j:plain



出現頻度: 高い

日本の高校二、三年生が学ぶ英単語が多いです。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 declaration  de 強意  宣言 L.declaratio 宣言, 発表



出現頻度: ふつう

日本の学生が大学受験を目指す頃に学ぶ英単語です。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 cleaner    掃除機、クリーナー、洗浄剤  
 clean-up    一掃、クリーンナップ  
 clarify    明確にする、透明にする  L.clarus(=clear)
 cleanse    きれいにする、洗う  
 clearing    清掃、空き地  
 unclear  un=not  はっきりしない  



出現頻度: 低い

日本の大学生や社会人が必要な時期に習う英単語です。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 clarity    明晰、明瞭性、透明(度)   
 clarinet    クラリネット (明るい音)  
 claret    赤ブドウ酒 (クラレット:ボルドー産ワイン)  
 cleanliness    清潔、きれい好き  
 cleanser    クレンザー、洗剤  
 clearance    あき、空間、入港許可  



出現頻度: とても低い

英米の高校生レベルの語彙です。このレベルになると語彙は 15,000 語を超えます。見慣れない複雑な英単語が増えますが、よく見てみると、意外と語源のイメージを応用できます。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 clarion    クラリオン(ラッパ)  
 cleanly    きれいに  
 clear-cut    明快な、輪郭のはっきりした  
 clearly    はっきりと  
 clearness    明確  
 clearway    滑走用空き地  
 declarative  de 強意  宣言の、陳述の  L.declaratio 宣言, 発表
 unclean  un=not  不潔な