語源の広場

『英語耳』松澤喜好、『日本語と英語をつなぐ』すずきひろし、『Gogengo!』角掛拓未が送る、英語の語源をさまざまな切り口でお伝えするコンテンツです。

here, hesi 「くっつく、粘着する」 (L.haerere)

58 here, hesi

(21語) ラテン語L.haerere 「付着している」、L.adhaerere 「くっつく、粘着する」が語源です。

代表的な語は adhesive tape 「接着テープ」がイメージがわきやすいです。

「付着する、くっつく」には元の英語の stickがもっぱら使われているので、語根L.haerereは英語ではマイナーな位置にいます。

出現頻度: とても高い

日本の中学生や高校一、二年生が学ぶ英単語が多いです。

該当単語無し

出現頻度: 高い

日本の高校二、三年生が学ぶ英単語が多いです。

該当単語無し

出現頻度: ふつう

日本の学生が大学受験を目指す頃に学ぶ英単語です。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 hesitate    (くっついて離れにくい)躊躇する、為らう、口ごもる  L.haesitare / (haesitatus 過去分詞)、「しっかり付く」
 inherent    (性格、権利など)生まれつきの、固有の  L.inhaerere付着している



出現頻度: 低い

日本の大学生や社会人が必要な時期に習う英単語です。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 adhere  ad へ  粘着する、固守する  
 adherence  ad へ  粘りつくこと、固守すること  
 adhesive  ad へ  接着剤、ばんそうこう、粘りつく  
 coherence  co 一緒  密着、結合、首尾一貫  L.cohaerens 首尾一貫した、密着している
 coherent  co 一緒  首尾一貫した、筋の通った、密着した  L.cohaerere 結合している、首尾一貫している
 cohesion  co 一緒  結合、凝縮力(性)  
 cohesive  co 一緒  (形)粘着性がある、結合する  
 incoherent  in=not 首尾一貫しない, つじつまの合わない  
 hesitant    ためらいがちな、煮えきらない  



出現頻度: とても低い

英米の高校生レベルの語彙です。このレベルになると語彙は 15,000 語を超えます。見慣れない複雑な英単語が増えますが、よく見てみると、意外と語源のイメージを応用できます。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 adherent  ad へ  粘りつく、付随的の、追従者  
 adhesion  ad へ  粘着(性、力)、支持  L.adhaesio 付着
 cohere    (共に粘りつく)首尾一貫する、(利害が)一致する, くっついて固まる  
 incoherence  in=not  首尾一貫しないこと、支離滅裂  
 incoherently  in=not  一貫性がなく  
 inhere  in 強意  (体の中にくっつく)生来そなわる、本来属する  L.inhaerere 付着している
 inherence  in 強意  本来備わっていること、固有、生得  
 inherently  in 強意  本来的に  
 hesitantly  

 ためらいながら