語源の広場

『英語耳』松澤喜好、『日本語と英語をつなぐ』すずきひろし、『Gogengo!』角掛拓未が送る、英語の語源をさまざまな切り口でお伝えするコンテンツです。

fab, fam, fat 「話す、ものがたり」 (L.for/fari)

42 fab, fam, fat

(37語) 語源は、ラテン語 L.fabulor「おしゃべりする」(1人称単数)、L.fabula「談話、お話」、L.for/fari「話す」、L.fama「うわさ、言い伝え」などです。「物語、話す」に関連します。

 

出現頻度: とても高い

日本の中学生や高校一、二年生が学ぶ英単語が多いです。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 famous    有名な  L.fama うわさ、名声



出現頻度: 高い

日本の高校二、三年生が学ぶ英単語が多いです。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 fate    運命 (神の言葉)  L.fari(話す、予言する)の過去分詞 L.fatusより



出現頻度: ふつう

日本の学生が大学受験を目指す頃に学ぶ英単語です。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 fame    名声、評判、(世間のうわさ)  L.fama うわさ、名声
 fatal    宿命的、致命的 (神のことば)   L.fatus話された
 fabulous   信じられない(ような), とてつもない  
 infant  in=not  幼児、(まだ口がきけないから)  
 infantry  in=not  歩兵,(集合的に)青年から構成  



出現頻度: 低い

日本の大学生や社会人が必要な時期に習う英単語です。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 affable  af に  愛想が良い、気さくな、話しかけやすい  L.fari 話す L.affabilis 話しかけやすい
 fable    寓話、作り話  
 famed    名高い  
 fated    運命づけられた、宿命で定まった  
 fatality    宿命、運命、致命的事故、死者  
 fateful    運命を決する、決定的な  
 infamous  in=not  悪名の高い、不名誉の  
 infancy  in=not  幼児期 (まだ口がきけないから)  
 preface  pre 前  序文、前もっての話  
 prophet  pro 前  予言者、神の「かわりに」言う人  pro前もって(Gk)phet述べる
 prophecy  pro 前  予言  
 prophesy  pro 前  予言する  



出現頻度: とても低い

英米の高校生レベルの語彙です。このレベルになると語彙は 15,000 語を超えます。見慣れない複雑な英単語が増えますが、よく見てみると、意外と語源のイメージを応用できます。

単語 接頭辞 意味 語源解説
 affably  af に  愛想よく  
 affability  af に  あいそのよさ  
 defame  de 離す  名誉を毀損する、中傷する、名声から離す  
 defamation  de 離す  名誉毀損、中傷  
 defamatory  de 離す  中傷的な  
 fabled    寓話に(よく)出てくる、名高い伝説的な  
 fabulously    非常に、伝説的に  
 fabulist    寓話(ぐうわ)作家、うそつき  
 fatalism    宿命論 (神に語られた)  
 fatalistic    宿命論的な、宿命的な  
 fatally    致命的に、運命によって  
 effable  ef 全く  言い表せる  
 ineffable  in=not+ef  言語に絶する、言うに言われない  
 infamy  in=not  不名誉、汚名  
 infantile  in=not  子供の、幼児の  
 infantile paralysis  in=not  小児まひ  
 prefatory  in=not

 (数学)前因子

 
 infantryman  in=not  歩兵(一人一人) (集合的に)青年から成る