語源の広場

『英語耳』松澤喜好、『日本語と英語をつなぐ』すずきひろし、『Gogengo!』角掛拓未が送る、英語の語源をさまざまな切り口でお伝えするコンテンツです。

2017-04-29から1日間の記事一覧

『黄金の語根』第3位 cap, capt「つかむ、捕える」(L.capere)

はじめに (123語) 語根 cap は、ラテン語 L.capere に由来します。capere は 英語のcatch「ぐっとつかみ取る」、to grasp「つかみ取る」を意味します。 「つかむ」ことは日常生活で重要なことなので、派生語がたくさんあります。 語源のイメージとしては、つ…

『黄金の語根』第4位 vert, vers「向きを変える、回す」(L.vertere)

(98語) vertの綴りを見たら、まず「向きに関する」とイメージしてください。「回転」をイメージする場合は、上のイラストのように、ある軸を中心に回転することです。接頭辞はその回転する性格を表します。 ad-(に対して)がつくadvertiseは、人々に向いて(…

『黄金の語根』第5位 pli, ply「重ねる、折りたたむ、織る」(L.plicare)

(92語) plyはイラストのように、折る、たたむイメージがあります。コンプレックス(complex)は接頭辞のcom-が「共に、完全に」のイメージがふくらんで「何度も何度も(折って)複雑で微妙な物や状態にする」となります。 complexの反対語がsimpleです。comp…

『黄金の語根』第6位 spect「(しっかり)見る」(L.spectare)

(91語) specは(まじまじと)見ることです。 expectはデートの時に「待ちかねて外を(ex)見る」ことです。期待しますよね。 respectは、素敵な人とすれ違って、「振り返って見る」ことです。尊敬する人がいたら振り返って見るので、尊敬する意味があります。 …

『黄金の語根』第7位 reg「まっすぐにする、導く」(L.regere)

(89語) rect, regの綴りは「原理、ものさし、目盛り」のイメージがあります。語源の名詞は L.regula「基準、原則、ものさし、長い棒」です。動詞は L.regere 「境界を定める、導く、支配する」です。動詞の過去完了形が rectumなので、英語ではrect, regの綴…